月~土 9:30~18:30 診察(休憩13:00~14:30)

0422-50-5321

ネット予約
MENU

診療メニュー

Medical

一般歯科

一般歯科

虫歯や歯周病の治療、入れ歯や義歯の作製などを主として、親知らずや虫歯が進行して治療が不可能になった歯の抜歯などを行います。
また、知覚過敏や口臭に関する検査や治療、口が大きく開けなかったり顎(あご)の関節が鳴ったりする顎関節症の治療なども行います。このほか、歯垢や歯石の除去、マウスクリーニング、歯磨きのレッスンなどを通じて、虫歯や歯周病予防のための指導も実施しています。

虫歯

虫歯

口の中の細菌が作った酸に溶かされて、一部が欠損した状態の歯のことで、その進み具合によってC1からC4に分かれます。C1は表面のエナメル質が侵された状態で、痛みはまだ感じません。C2は象牙質まで食い込み、痛みが出始めます。C3は、欠損が歯の神経や血管が通っている歯髄にまで達したもので、ズキズキした痛みを伴います。細菌が歯髄に入り込んで歯髄炎を起こし、膿(うみ)がたまって腫(は)れることもあります。C4は、歯の神経が死んで歯の上部にあたる歯冠部が崩壊した状態です。
段階に応じた治療を行いますが、欠損部を削って修復材で埋めます。C3以降になると、いわゆる「神経を抜く」といった根管治療が必要になり、抜歯が必要な場合も出てきます。
歯を溶かす酸は、細菌が糖から作り出しており、虫歯には食べ物が大きくかかわっています。予防のためには、しっかり歯磨きして細菌の住みかとなる歯垢を取り除くことが大切で、歯垢が固まって歯石ができると歯磨きではとれないため、定期的に除去することが必要です。

根管治療

根管治療

歯の神経や血管が通っている部分を根管といい、その中を埋める歯髄が虫歯などで炎症を起こした場合に、痛みや腫れを取り除く治療を根管治療といいます。虫歯治療で「神経を抜く」というのが代表的なケースです。抜いた後の根管は殺菌して清潔を保ったままかぶせものをし、内部に細菌交じりの唾液が入らないようにします。
虫歯が進行したり歯の神経が死んでしまったりすると、歯の根っこ部分に膿(うみ)がたまり、歯茎が白くなったり膨らんだりすることがありますが、この場合も根管治療が必要になります。
歯髄を除去すると痛みはなくなるものの、歯に栄養が回らなくなるため、歯自体がもろくなってしまう恐れがあります。このため、虫歯が大きくても歯髄をできるだけ残す治療法もあります。この場合は、治療期間が長くなります。

小児歯科

小児歯科

子どもの歯を専門に、あるいは中心に診療する歯科で、多くは0歳から12歳くらいを対象にしています。子どもは乳歯から永久歯に生え変わる時期ですし、成長に伴って顔の骨格が変わることによってかみ合わせがうまくいかなくなったりしますので、大人とは違った治療や予防を進める必要があります。
乳歯は永久歯より柔らかくて虫歯になりやすいうえ虫歯の進行も早いので、日ごろから気を付けてあげることはもちろん、3カ月に1回程度、定期健診を受けるのがいいでしょう。
より大切なのは予防で、小児歯科では虫歯治療のほか、ブラッシング指導や歯質を強くするフッ素塗布、唾液の量や歯を溶かす酸の中和力、含まれる細菌数を調べる唾液検査なども行います。

予防歯科

予防歯科

予防歯科では虫歯になってからの治療ではなく、虫歯になるのを防ぐことに重点を置きます。虫歯になったり歯を失ったりすると生活の質(QOL)が低下しますし、治療に時間と経費がかかるため、それを防ごうという考えから生まれました。
予防歯科の中心は定期健診とセルフケアです。定期健診では歯垢や歯石の除去に加え、歯磨き指導などを行います。また、自分ではしっかり歯を磨いているつもりでも磨き残しなどがありますので、定期健診で歯科衛生士や歯科医から教えてもらった正しい方法でセルフケアをすることで、虫歯予防効果がアップします。
具体的には、歯磨きの後、すすぎすぎてフッ素を落としてしまわないこと、歯茎や口に合った歯ブラシを選ぶとともにデンタルフロスを活用して歯垢をしっかり落とすこと、デンタルリンスなどを使って虫歯の原因になる細菌を増やさないことが大切です。
当院では特にこの予防歯科に注力しており特別な治療メニューを組んでおります。

小児矯正

小児矯正

歯科では歯並びや歯のかみ合わせを治すことを矯正といい、効果の出やすい子どものうちに矯正を行うのが小児矯正です。歯の矯正は、顎(あご)の骨が発達する幼稚園児のころから14、5歳に始めると効果が高いとされます。歯を抜かずに治療できる可能性が高く、あごの発達をコントロールできるなどのメリットがあります。
いわゆる乱杭歯とか出っ歯、受け口などは矯正によって改善します。一般的には、検査をして矯正装置を作製し、定期的に検査と効果の確認を続けます。年代によって治療法は変わってきますが、長い時間がかかりますので、本人が納得したうえで治療を受けることが望まれます。

成人矯正

成人矯正

歯並びや歯のかみ合わせの矯正を大人になってから始めることを言います。大人にとっての矯正は、見た目に美しくなるため気持ちが前向きになる、食事が楽しくなるなどの効果が期待できます。矯正することで歯磨きの効果も高まりますので、虫歯予防にもなります。ただ、大人になると顎の骨が固まっているため、矯正に時間がかかります。
主な矯正方法には、ワイヤーでブラケットという小さな器具を取り付けるブラケット矯正、取り外し可能なマウスピースで固めるマウスピース矯正、セラミックを歯にかぶせるセラミック矯正などがあります。それぞれ、見た目や効果、使い良さなどでメリットとデメリットがあり、費用面でも差がありますので、十分なカウンセリングをした後にご予算などのご希望に沿ってご提案いたします。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

3次元コンピューター画像をもとに、患者様の歯の形にピッタリ合った透明なカバー(アライナー)を段階ごとに作製して矯正していきます。
透明なため装着していることがわかりにくいうえ、食事中は取り外せ、外して洗うこともできますので衛生面でも安心です。また、痛みや不快感もほとんどなく、プラスチック製ですので、ワイヤーを使うブラケット矯正だと金属アレルギーが心配という人にも向いています。一方で、1日20時間以上の装着が必要で、きちんとした自己管理が必要となります。

審美歯科

審美歯科

歯並びや歯と歯茎の色、口元の表情など見た目の美しさを追求する歯科のことです。米国では当たり前のように行われてきましたが、日本でも若い女性の間で需要が高まっています。審美歯科では、歯を漂白するホワイトニング、歯を削って白い素材を張り付けるラミネートべニア、歯に白いかぶせものをするオールセラミッククラウンなどの独特の治療のほか、歯のすき間を無くしたり歯並びを良くしたりする矯正、歯周病の治療なども行っています。
美しくするためだけの審美歯科の治療は基本的に保険適用の対象外ですので、ご希望のん際はお問い合わせください。

口腔外科

口腔外科

口の中だけでなく、顎(あご)や唇、舌及びそれらにかかわる関連器官を対象とする診療科で、口の中にできる腫瘍や口蓋裂の手術、顔面神経麻痺、外傷による顎関節症の治療、口臭症など内科的治療のほか、一般歯科と同じように虫歯や歯周病の治療も行います。
口の中に疾患があると、食事がうまくとれなかったり会話が困難になったりするほか、見た目の美しさにも影響を与えます。口腔外科では疾患を直接治療するだけでなく、審美的手法も取り入れた治療にも取り組んでいます。

インプラント

インプラント

チタンや合成材料で作った人工歯根(インプラント)を顎(あご)の骨に埋め込んで歯を形成する治療法です。当初はトラブルも多かったのですが、最近は技術や材料の進化で、安定的な治療成績を残すようになり、利用者が増えています。
差し歯と似ていますが、インプラントは歯の根まで失った場合の治療法に対し、差し歯は残っている歯の根に土台を埋め込んで歯を作ります。 取り外しができる入れ歯や、両隣の歯を削って一塊の歯を入れるブリッジに比べてしっかり噛(か)める、他の歯にかかる負担を軽くできる、隣の歯を削る必要がない、虫歯にならないなどのメリットがあります。
一方で、インプラントが骨と結合するのを待たなければならないため治療期間が長くなる、手入れが不十分だと感染することがある、費用が高いなどのデメリットも指摘されています。また、顎が完全に発達していない子どもには適用できません。

歯周病

歯周病

一般には歯茎と呼ばれる歯肉を中心とする歯周組織が細菌によって炎症を起こす生活習慣病で、赤くなったり腫れたりしますが、痛みはほとんどありません。しかし、放っておくと、歯肉炎から歯のセメント質や歯根膜などが破壊される歯周炎に進行し、歯肉がやせて歯の土台部分が見えるようになったり骨が溶けたりして、抜歯が必要になることもあります。また、歯周病が他の全身疾患に影響を及ぼすこともあります。
歯磨きが十分でなかったり甘いものをいつも食べたりしていると、歯の表面に歯垢(プラーク)が付きます。歯垢や歯と歯肉の間の歯周ポケットは細菌のすみかです。多くの場合、この細菌の繁殖によって症状が出ますが、歯垢と関係のない歯周病もあります。
朝起きた時に口の中がネバネバする、歯磨きをすると出血する、歯茎が赤く腫れている、歯茎がむずむずする・かゆい、歯と歯の間にすき間ができたなどのときは要注意です。
予防には、まずしっかりした正しい歯磨きをして歯垢をためないことです。症状が出ても、歯垢や歯石を取り歯肉や骨を治療することで改善します。

入れ歯

入れ歯

抜歯したり事故や病気で歯が抜けたりした部分を補う義歯で、取り外しができます。両隣の歯が残っていないと適用できないブリッジと違い、残っている歯が何本であっても大丈夫です。全ての歯がなくなっていれば総入れ歯、1本でも残っていれば部分入れ歯を使います。部分入れ歯は、歯の抜けた部分に人工歯のついた床を置き、残った歯とバネでつないで支えます。保険適用で治療できますが、審美性や機能性を重視してさまざまな材質を使ったものもあります。

歯科矯正の相談

こちらのコンテンツはただいま準備中です。

訪問歯科の案内

こちらのコンテンツはただいま準備中です。

口腔がん検診

こちらのコンテンツはただいま準備中です。

福利厚生による
「歯科人間ドック&メンテ(ホワイトニング)」の案内

こちらのコンテンツはただいま準備中です。