月~土 9:30~18:30 診察(休憩13:00~14:30)

0422-50-5321

初診ネット予約
※再診の方は「診察券アプリ」をご利用ください
MENU

歯のクリーニングで使う器具「スケーラー」の滅菌と
シャープニングへの『こだわり』

スケーラー

歯のクリーニングで使う器具「スケーラー」は、使うたびに刃こぼれするので、使うたびにシャープニング(研磨)し、歯石をとりやすい状態にお手入れしなければなりません。

本当は。

でも、このシャープニングを医院として正しくやるのは、多くの時間と労力が必要となるので、とっても大変です。

しかし、だからこそやる。

『正しいことをやる』それが当院のバリュー(価値観、行動指針)であり『こだわり』だからです。

以下に、当院で行っているスケーラーの手入れ方法をご説明します。

患者様のための「スケーラー」の手入れ方法

流水で洗浄

1.流水で洗浄

使用済みのスケーラーはまず流水で洗い、血液などをできる限り除去しておきます。

専用カセットに収納

2.専用カセットに収納

スケーラーは、両端が尖った器具なので、従業員の鋭利器材損傷(Sharps Injury:SI)を防ぐため、スケーラー専用のカセットに入れ、他の器材とは別で管理します。

超音波洗浄

3.超音波洗浄

専用カセットごと超音波洗浄機に浸し、消毒薬で超音波洗浄します。

全自動洗浄・消毒

4.全自動洗浄・消毒

専用カセットごと、ミーレ社ウォッシャーディスインフェクター(全自動洗浄・消毒器)で、洗浄→すすぎ→熱消毒→乾燥します。

滅菌その1

5.滅菌その1(シャープニングのための滅菌)

シャープニング作業中の鋭利器材損傷(Sharps Injury:SI)による作業員の感染を防ぐため、シャープニング作業前に、スケーラをしっかり滅菌します。

テスティング
テスティング

6.テスティング&シャープニング

スケーラーは使うたびに刃こぼれするので、使うたびに刃の状態をテスティング(確認)して、シャープニングします。

まずテストスティックでスケーラーの刃の状態をテストします(テスティング)。
それから、砥石でシャープニング(研磨)します。

パッキング

7.パッキング

スケーラーを種類ごとに分類してパッキングします。

パッキング

8.滅菌その2(患者様に使用するための滅菌)

患者様のお口で使用するために、しっかり滅菌します。

保管

9.保管

スケーラーを種類ごとに整理して保管しておきます。

スケーラーは、以上のような工程を経て、患者様の口の中で最大の効果を出せるように準備しています。

記事監修
院長 宮嶋 大輔

新潟大学卒
東京医科歯科大学大学院卒業
歯学博士、口腔外科認定医、インフェクションコントロールドクター。

詳しい医師紹介を見る