月~土 9:30~18:30 診察(休憩13:00~14:30)

0422-50-5321

ネット予約
MENU

親知らずとは?
抜くリスク、抜かないリスク

前歯から数えて8番目の奥歯を「親知らず」といいます。

親知らずとは?抜くリスク、抜かないリスク
図1. お口全体を撮影したパノラマX線写真

親知らずは、10歳頃にアゴの骨の中で形ができはじめ、お口の中へは20歳頃に生えてきます。

もっとも、親知らずが無い「先天性欠如」であることも多く、上下左右4本の親知らずがすべてそろって生えているのは、現代日本人では36%だそうです(山田、2004)。
親知らずが欠如する割合は、時代とともに変化していて、昭和初期以降では、欠如する割合は低くなっているそうです(山田、2004)。

親知らずは、他の永久歯よりも極端に遅れて生えてくるため、生え出る場所が不足し、位置異常を起こしやすく、「傾斜」して生えたり、歯肉に埋まったまま「埋伏」したりすることがあります。

親知らずによる病気

虫歯・歯周病

親知らずが「傾斜」して、歯肉に半分埋まった「半埋伏」状態では、親知らずの周りが「不潔」になりやすく、親知らずだけでなく、その手前の歯(第二大臼歯)まで虫歯や歯周病になることがあります。

親知らずによる病気
図2.水平に傾斜した親知らず
  1. 1. 親知らずと、その手前の歯が両方とも虫歯になっている(赤い矢頭▲の先)。
  2. 2. 親知らずの手前の歯を支える骨の量が減っている(赤い転線と↓の部分)。

歯冠周囲炎

親知らずの周囲の歯肉が、急に赤く腫れて痛くなることがあり、これを歯冠周囲炎、あるいは智歯周囲炎といいます。20~30歳台に多くみられますが、60歳を過ぎても散見されます。

歯冠周囲炎が悪化すると、顔まで腫れて、口が開きにくくなったり、ノドが痛くなったり、首や胸にまで炎症が広がれば、命に関わることもあります。

親知らずは抜いたほうがいいのか?

親知らずは、虫歯や歯周病、歯冠周囲炎などの原因になることが多く、抜歯となることが多いですが、正常に生えて機能している場合や、将来的に利用する可能性がある場合は、抜歯せずに残しておいたほうが良いこともあります。
抜くリスク、抜かないリスクを十分に比較して、歯科医師と相談して判断されると良いでしょう。

親知らずを抜かないリスク

1.親知らずの病気(虫歯・歯冠周囲炎など)が悪化するリスク

親知らずは、奥にあるために虫歯治療が困難だったり、メンテナンスが困難だったりします。虫歯があれば、悪化して痛みが出ることがありますし、歯冠周囲炎であれば、繰り返すことがありますので、抜歯を前向きに考えます。

2.親知らずの手前の歯が病気(虫歯や歯周病など)になるリスク

親知らずの手前の歯(第二大臼歯)は、「人生100年時代」に使い続けて欲しい歯です。虫歯になっていたり、常に不潔で虫歯や歯周病のリスクが高いと判断できる場合は、親知らずの抜歯を前向きに考えます。

親知らずを抜くリスク

1.抜歯による痛み・腫れなどの合併症のリスク

2.将来的に利用できる親知らずを失うリスク

1)「ブリッジや入れ歯の支えとして親知らずを使う」という選択肢がなくなるリスク

親知らず以外の奥歯を失った場合、ある程度しっかり生えている親知らずであれば、ブリッジや入れ歯の支えとして使うことができます。親知らずを抜歯してしまえば、それらの治療の選択肢は無くなります。

2)「親知らずの移植」という選択肢がなくなるリスク

親知らず以外の奥歯を抜歯しなければいけなくなった場合、抜歯してできた「穴」に、親知らずを「移植」し、再び噛める状態にできることがあります。親知らずを抜歯してしまうと、「移植」に利用できる歯がなくなり、「移植」という選択肢がなくなります。

3)「矯正治療で親知らずを噛み合わせに参加させる」という選択肢がなくなるリスク

親知らずの手前の歯に問題がある場合、抜歯して、代わりに親知らずを矯正治療で抜歯した歯の場所まで移動させて、噛み合わせに参加させることができる場合があります。親知らずを抜歯してしまえば、そうした矯正治療の選択肢は無くなります。

親知らず抜歯外来について

セントラル歯科では抜歯の「痛み」を最小限にする配慮を、最大限おこなって治療しています。

詳しくはこちら